365日のパパ育休日記

1年間の育休を取った男性公務員の日々更新日記です。

38日目:離乳食拒否

午前の離乳食は、にんじん粥とバナナと鯛でしたが、4分の1ほど食べたところで機嫌が悪くなり、一度降ろして、濡れた肌着を着替えて再チャレンジしたものの、それ以上、食事は進みませんでした。

午後の離乳食も、にんじんとかぼちゃのお粥と鯛で用意しましたが、ほんの数口で頑なに拒否され断念しました。

麦茶やミルクも口を濡らす程度しか飲んでくれませんでした。

今朝は7時に授乳したのが最後だったので、妻が16時頃に帰ってくるまでの9時間、まともに飲食せず、心配になりました。

当の本人は、ずり這いであちこち動き回ったり、高這いのポーズをとったりして、元気そうにしていました。

f:id:KANJIST:20200509032954j:image

 

授乳についても、生えてきた下の歯で乳首を噛んでくるので、妻が授乳が怖くなってしまっています。息子は、噛まれて痛がる反応を楽しんでいるようです。離乳食中に私の指を噛むときも「痛いっ」と言うと悪戯な笑みを浮かべます。

妻が母親に相談したところでは、噛まれるのを我慢するしかないようですが、母乳はまだ当分飲んでもらわないとならないし、妻が授乳のたびに痛がるのを見たくはありません。言葉の通じない息子に行動を改めさせたいと思ったのは、本件が初めてかなと思います。

ミルクを飲まなくても母乳を飲んでくれればいい、母乳がないときは離乳食をしっかり食べてくれればいい、部屋を動き回り物を荒らしても怪我さえしなければいい等、大体の物事は寛容な気持ちで済んできました。

私は、怒ったり叱ったりするのが苦手です。

息子にどう対応していくのか、このようなことが今後増えていくと思いますが、妻とよく相談してそれぞれの親のアドバイスも聞いたりして考えていきたいと思います。